看護師の求人・転職なら、TAC医療が運営するTACナースナビにお任せ!

新規会員登録 採用ご担当者様へ

看護師の履歴書の書き方|転職者向け志望動機と自己PRの例文2017-08-14

就職活動

看護師が別の病院に転職するときには、応募の際にまず履歴書の提出を求められます。
書類選考を通過して面接に呼ばれるためには、採用担当者の目に留まる履歴書を書くことが重要です。
ポイントは志望動機と自己PR。どのように書けば採用担当者の心を動かすことができるのでしょうか。
今回は転職活動をしている看護師の人に向けて、採用担当者に興味を持ってもらえる履歴書の書き方をご紹介します。志望動機と自己PRの例文もありますので、ぜひ参考にしてください。

基本事項は漏れなく丁寧に書

履歴書の中でも住所や氏名、電話番号といった個人情報の欄は、空欄がないように丁寧に書くのが基本です。誤りや汚れがあると、採用担当者に悪い印象を与えるおそれがありますので注意しましょう。

●履歴書はA規格を選択
市販の履歴書はA規格(二つ折りでA4サイズ、広げるとA3サイズになる大きさ)とB規格(二つ折りでB5サイズ、広げるとB4サイズになる大きさ)の2種類があります。
病院で特に指定されていないときは、A規格を選ぶと良いでしょう。職務経歴書や送り状と同じサイズになるので、応募書類をまとめて提出するときにすっきりします。

●手書きの場合はボールペンか万年筆で
履歴書の作成はパソコンでも問題がなく、必ずしも手書きこだわる必要はありません。手書きする場合は、黒のボールペンか万年筆を使いましょう。履歴書を手書きで丁寧に書くと真剣さが伝わり、好印象を与えられる場合があります。一方、パソコンで履歴書を作成するとパソコンスキルのアピールにつながります。

●いつの日付を記入すればいい?
履歴書の日付は、提出する日の日付にするのが基本です。面接のときに提出する場合は面接当日の日付、郵送で提出する場合は投函日となります。
提出する前日の日付でも大きな問題になることはありませんが、提出日からあまりにも離れた日付を書いていると、「履歴書の使い回し」と思われる場合があります。

●氏名と住所の「ふりがな」「フリガナ」
氏名や住所の欄に「ふりがな」と書いてある場合は、ふりがなを平仮名で記入します。「フリガナ」と書いてある場合はカタカナで記入します。
住所のふりがな(またはフリガナ)は、番地の前まで記入すれば基本的には問題ありません。ただし、読みにくいマンション名やアパート名の場合は最後まで記入します。
また、住所は「〇〇県〇〇市〇〇区○○ 〇番地〇号」というように、省略せずに書きましょう。

●連絡先は携帯でもいい?
以前は携帯電話よりも固定電話の番号のほうが、信用性が高いとする風潮がありました。現在では、採用の連絡が入る場合などに使われるので、「本人に一番つながりやすい電話番号」を記載しておけば、携帯電話の番号でも問題ありません。もし固定電話がある場合は併せて記載しておきましょう。

●メールアドレス
メールで連絡をもらうことも考えて、「連絡先」の欄にパソコンのメールアドレスを記載します。「Gmail」や「Yahoo!メール」など、フリーメールのアドレスで構いません。ただし、子供やペットの名前、好きな芸能人の名前がアドレスに入っているなど、就職活動にあまりふさわしくない表記のメールアドレスは避けましょう。

●学歴はどこから記載する?
転職の場合、中学卒業から入学年と卒業年を書いていくのが一般的です。「~中学」「~高校」と略さず、「~中学校」「~高等学校」と正式名称で記載します。「都立」の場合は「東京都立」です。大学は学部や学科名まで正確に記載します。
入学年と卒業年で同じ学校名が上下に並びますが、「同上」と書くのは避けましょう。
入学した年、卒業した年は年号、西暦のどちらで記入しても構いません。その代わり、履歴書全体と職務経歴書で、年号か西暦か表記を統一しましょう。

●職歴の記載は雇用形態も記入
学歴から1行空けて、職歴を記入します。病院名は正式名称を書き「~病院 入職」、配属されていた病棟(科)は改行して「~病棟(科)配属」と記載します。病院の場合は「入職」と書きますが、医療系の会社であれば「入社」でOKです。
同じ病院内で異動があった場合は、「~病院 入職」の次の行に異動した年月と「~に配属」と書きます。
正社員ではなく契約社員やパートとして働いた経験は、「~にてパート勤務」のように雇用形態を記載します。
すでに退職しているときは、退職について「一身上の都合により退職」または「病院(会社)都合により退職」のどちらかを記入します。
最後は「現在に至る」とし、その下段に右寄せで「以上」と書いて終わりです。

●免許・資格は職業に関係あるものを記載
看護師免許など職業に関する資格は、取得時期の古い順に正式名称で記載していきます。今後取得する予定があるものは、「取得見込み」と記載しておきます。業務と関係がない資格は「趣味・特技」の欄に記載しましょう。

●写真は特に気を使いましょう
写真は応募者の印象を左右します。あまり印象がよくないと書類選考に影響することもあるので、写真を撮る際には注意しましょう。
服装はジャケットを着用し、顔の表情が暗く見えないか、化粧が濃くないか、写真のサイズに対して顔や上半身の比率が適正か、といった点に注意します。スピード写真よりも写真屋で撮影してもらうほうが、写りが良いのでおすすめです。

また、写真を貼り付ける際は、写真が剥がれてしまったときに備えて、裏面に氏名を記載しておくと良いでしょう。

●印鑑は最初に押す
履歴書は書き間違えると、また書き直しです。印鑑を最後に押して、かすれてしまったり、押印の向きが曲がってしまったりすると、履歴書を再び書き直すことになります。履歴書を書き始める前に印鑑を押し、完全に乾いてから記入し始めましょう。

志望動機の書き方

履歴書の中でも採用担当者が重視するのが志望動機です。応募先への志望度の高さや、これまで培ってきた経験や技術などをしっかりアピールし、他の応募者と差をつけましょう。

●志望動機を書くときのポイント
採用側は応募者が「長く働いてくれるかどうか」と「現場で即戦力となるかどうか」という点を重視しています。次の3つを入れるようにしましょう。

(1)なぜその応募先を選んだのか
他の病院ではなく、なぜその病院を選んだのか、自分だけの理由を伝えます。「理念に共感しました」というだけでは、熱意は伝わりません。

(2)これまでの経験で何を活かせるか
これまでの経験の中から、応募先の職場でも使える技術や能力をアピールし、即戦力として貢献できることを示します。

(3)応募先でどのように働きたいか
「長く働きたい」「能力をさらに高めたい」「将来なりたい立場」など前向きな姿勢とキャリアビジョンを記載します。

●地域病院に応募する場合の志望動機例
「患者さまと向き合う時間のある病院で自分の力を最大限発揮したい」という思いから、長年地域の患者さまから信頼されてきた貴院を志望しました。
私は看護学校を卒業後、急性期病棟で4年間勤務してきました。やり甲斐を感じる一方、次第に患者さま一人一人の声をじっくり聞く時間が欲しいと思うようになりました。昨年末、患者さまから「いつも気遣いありがとう」とおっしゃっていただき、日頃の心配りの大切さを再認識し、転職を考えるようになりました。
急変にも対応できる知識とスキルを活かしながら、患者さまから頼られる看護師として貴院の地域医療に尽力したいと思っています。

●クリニックに応募する場合の志望動機例
検診に特化した貴院で、病気の早期発見に取り組み、一人でも多くの患者さまを大病のリスクから守りたいと思い、志望しました。
私は今まで総合病院で5年ほど勤務してきました。病院に来院された患者さまの中には「早期発見ができていれば」と感じる症状の方が珍しくなく、定期検診での早期発見と予防医療の大切さを痛感していました。そんなとき、定期検診や未病に関する取り組みを行っている貴院について知り、今回の応募に至りました。
総合病院で得た知識と、さまざまな患者さまへの対応スキルを発揮し、不安なく検診を受けられるようサポートしていきたいです。

●訪問看護に応募する場合の志望動機例
自宅での医療によって患者さまが生き生きと暮らせるお手伝いが貴院であればできると思い、今回応募いたしました。
前職の総合病院では高齢の患者さまが多く、自宅での医療ケアについて興味を持つようになり、3年前から各種勉強会に参加してまいりました。入院患者さまの「家に帰りたい」という声を聞くたびに、訪問看護に携わりたいとの思いが強くなりました。
訪問看護の分野ではゼロからのスタートとなりますが、日々現場で学びながら患者さまとご家族の笑顔を支える看護師として活躍したいと考えています。

●転職回数・ブランクが多い場合の志望動機例
家庭の事情により転居が多く、3つの異なる病院でさまざまな科を経験してきました。子育てのため〇〇病院を辞めてからは、一人の親として病院を利用するようになり、親子連れの患者さまならではの苦労を、身をもって知るようになりました。
来年度に子供が保育園に入園することを機に、これまで3つの病院で得た幅広い経験を活かしつつ、親子連れに評判の良い貴院で「親にも子供にも優しい気配り」ができる看護師として長く働きたいと思っています。

自己PRの書き方

自分の長所や技術をアピールし、業務でどのように活躍できるのかを示すのが、自己PR欄です。

●自己PRを書くときのポイント
誰にでも長所はいくつかありますが、その全てをアピールするよりも、採用側が求める人物像に合う長所をアピールするほうが、効果があります。例えば、明るく物怖じしない性格が喜ばれる職場もあれば、機転が利いてサポートできる人物を求めている職場もあります。応募先が求める人物像はどんなものか、調べてみましょう。
また、短所が長所になる事もあります。「優柔不断なところがあります」は「いつも慎重に物事を進めています」と言い換えるように、前向きに捉え直してアピールしましょう。
今までの経験から特に得意とする分野、自分が力を発揮できる場面などを具体的に書きます。「~では後輩の指導を任されていた」「頼りになるねといわれた」など、他の人からの評価も交えて書くと、具体性がアップします。
採用側は病院(または会社・事業所等)の信念やビジョンに合う看護師を求めています。看護師として働く上での信念を、具体的なエピソードも交えて表現しましょう。

●長所をアピールする場合
精神的なタフさが私の長所です。前職ではチームの中で最も明るい性格と言われていましたが、患者さまの急変が珍しくない現場で長く勤めていたので、落ち込む日も幾度となくありました。そんなときは、今まで患者さまにいただいた感謝の言葉の数々を思い出し、乗り越えてきました。私たち看護師が笑顔でなければ、患者さまの気持ちも暗くなってしまいます。貴院でも持ち前のタフさを発揮したいです。

●持っているスキルをアピールする場合
前職では内科や外科、麻酔科など関連部門と連絡を取る立場にあり、時には調整役として手術の段取りを進めていました。
スムーズな意思疎通を図るため、日頃から他科の看護師や先生と交流を行い、専門外の事も積極的に勉強してきました。また、新人看護師への指導を任された経験もあります。
貴院でもさらに経験を積み、持ち前のコミュニケーション能力と機動力を生かして、いずれはチームをまとめる立場になりたいと思います。

●看護師としての信念をアピールする場合
私が看護師になったのは、亡くなる直前まで入院していた祖母の「担当の看護師さんは嫌な顔もせず私の話を毎日聞いてくれるのよ。だから入院も苦痛じゃないの」という言葉がきっかけです。看護師が医療によって患者さまの助けとなるのはもちろんですが、私は精神的にも患者さまを支えられる看護師でありたいと思っています。
貴院は患者さまの年齢層が高いと伺っています。高齢の患者さまの良き相談役になり、心を和ませる看護師を目指したいと思っています。

履歴書を出すときに気を付けるポイント

封筒はどうするのか、持参する場合はどうすれば良いのか、履歴書を提出するときに気を付けたいポイントを確認しておきましょう。

●職務経歴書は必須?
職務経歴書は指定がない限り、必須ではありません。履歴書で書ききれなかった経験やスキルをアピールしたいときは、用意したほうが良いでしょう。職務経歴書の形式は決まっていません。自分の過去の経歴を洗い出し、病院側の求める人物像にあわせて、経験やスキルを簡潔にまとめてアピールするのがポイントです。

●郵送の場合の送り方
応募書類をクリアファイルに入れるときは、上から添え状、履歴書、職務経歴書、その他書類の順です。

封筒はA4のクリアファイルが入る角形2号の白封筒を選びましょう。
表面に応募先の郵便番号と正確な住所を書きます。封筒の真ん中より少し右側には病院名(または社名等)を、会社名のやや左下あたりに応募先の部署(人事課など)名を書き、宛名を部署名で提出する場合は「御中」とします。担当者がいる場合は「〇〇〇課 〇〇様」です。封筒の左下には「履歴書在中」「応募書類在中」と赤で記載しましょう。
裏面は応募者の郵便番号・住所・氏名を書きます。封をしたら「〆」と書きます

●添え状は必要?
添え状は応募先へのあいさつと送付の連絡を兼ねた紙です。履歴書を郵送する際は、必要書類に添え状を付けて送ります。
ポストに投函する提出日、応募先の病院名や担当者名、自分の連絡先と氏名、送付物の内容を簡潔に書くだけです。パソコンか、縦書きの便箋に手書きして作成しましょう。

なお、郵送する際はポストへそのまま投函するよりも、直接郵便曲に持参したほうが封筒の変形や水濡れを防ぐことができます。

●直接持参する場合は?
郵送と同様に書類をクリアファイルに入れ、何も書いていない白色の封筒に入れて持参します。その際、中身をすぐ取り出せるように封はしません。

●履歴書と職務経歴書はコピーを保存
履歴書と職務経歴書が完成したら、必ずコピーを取って保管しておきましょう。書類選考を通過し、面接を受けるときには、応募書類をもとに質問されることが多いからです。

提出前の最終チェックを忘れずに

履歴書が一通りできたら、誤字や脱字はないか、文章のわかりにくいところはないか、読み直してチェックしましょう。たった一つのミスが、書類選考の明暗を分けることもあります。
字の美しさや誤字脱字がないことはもちろん大切ですが、それ以上に重視されているのは志望動機と自己PRの中身です。ご紹介したポイントと例文を参考に、自分だけのオリジナルな志望理由と自己PRを作り上げてください。

<求人検索はこちらから>
看護師の就・転職情報サイト「TACナースナビ」

https://nurse.tac-iryou.com/

最近チェックされている求人

マガジンカテゴリ一覧

週間アクセスランキング