看護師の求人・転職なら、TAC医療が運営するTACナースナビにお任せ!

新規会員登録 採用ご担当者様へ

看護師・看護職の種類と仕事内容|必要な資格や働き方など何が違う?2017-08-14

看護師のお仕事

病院で病人やけが人を看護し、診療の補助を行う人というと「看護師」を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、病院の中には看護師のように看護や診察の補助を行う「准看護師」や、産婦人科などで活躍する「助産師」、健康をサポートする「保健師」と、看護をなりわいとする職業にはさまざまな種類があります。
また、看護師の中にも「専門看護師」や「認定看護師」などワンランク上の資格が存在します。
ここでは、看護の仕事がしたいという人向けに、4つの看護職の違いや仕事内容・必要な資格、看護師が取得を目指せる資格についてご紹介します。
職業の違いをよく理解すれば、自分が本当にやりたいこと、自分が目指すべき道がはっきりとしてくるでしょう。

看護師のさまざまな種類

看護師は看護職の一つです。人々が健康で過ごせるように病気の人を看護したり、予防に努めたりします。看護職は「看護師」「准看護師」「保健師」「助産師」の4種類です。

それぞれの職種にはどれくらいの人が就業しているのでしょうか。厚生労働省が発表している「看護職員の需給に関する基礎資料」によると、平成26年(2014)には看護師が約114万2000人、准看護師が約36万4000人、保健師が約5万9000人、助産師が約3万8000人となっており、看護師の人数が群を抜いて多いことがわかります。

看護師にはさらにスキルアップを目指せる資格があります。それは日本看護協会が運営している「専門看護師」「認定看護師」「認定看護管理者」という3つの資格制度です。いずれも医療の現場で高水準の知識と技術を持ち合わせていることを証明する資格で、それぞれに現場で果たす重要な役割があります。

※参考:厚生労働省「看護職員の需給に関する基礎資料」https://goo.gl/42epR8

看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師にはどのような違いがあるのでしょうか?資格自体と仕事内容の違いを見てみましょう。

●資格の違い
看護師と准看護師では資格の種類が異なります。看護師が国家資格であるのに対し、准看護師は都道府県知事が行う試験に合格すると取得できる資格です。
中学校・高校卒業後、最短2年で資格を取得できることなどから、准看護師のほうが資格取得までにかかる年数と費用が少なくて済むという特徴もあります。

●できる仕事内容の違い
けがや病気の人を看護したり、診療の補助を行ったりするのが看護師です。准看護師も業務内容はほとんど同じですが、医師や歯科医師、看護師の指示を受けて、業務に携わるという点が大きく異なります。

●給料の水準に差がある
仕事内容に違いがある分、看護師と准看護師には給与面にも差があります。厚生労働省が発表している「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の所定内給与額(※1)の平均は29万9300円です。一方、准看護師の所定内給与額の平均は25万9800円となっており、看護師に比べて准看護師は給与水準が低いことがわかります。

●准看護師から看護師を目指せる
時間はかかりますが、准看護師になってからでも看護師を目指すことができます。
ルートはいくつかありますが、一番長く時間を要するのは、准看護師として実務経験を7年以上積んだ後に2年課程(通信制)の看護師学校養成所に入学し、国家試験を受けるというものです。また、中学校卒業後に准看護師学校養成所に2年通って准看護師になった人は、准看護師として3年以上の実務経験を積み、看護師学校養成所の2年課程で学習する必要があります。

※1 「所定内給与額」とは決まって支給される現金給与の中から、時間外勤務手当や深夜勤務手当などの超過労働給与額を引いたものです。
※参考:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/index.html

看護師の国家資格が必要な看護職

保健師と助産師という2つの看護職には、看護師の国家資格が必要です。それぞれについて詳しくご説明します。

●保健師
保健師になるためには、看護師の国家資格と保健師の国家資格の2つの資格が必要です。また、保健師の国家試験を受験するためには保健師養成学校で1年以上学ぶことが条件になっています。
保健師の主な仕事は病気やけがを予防するために適切な指導を行うことです。「保健指導」や「健康診断」を行い、人々の健康を守ります。
保健師は保健所、保健センター、病院、企業、学校など多種多様な場所に勤めます。
保健所や保健センターなどの公的な機関で勤務する保健師を「行政保健師」といい、公務員に分類されます。行政保健師は乳幼児から高齢者まで幅広い年代の地域住民の健康を維持するために予防接種の手伝いや保健指導などを行います。
総合病院やクリニックに勤務する保健師は「病院保健師」です。患者さんに対して病気にならないための健康指導や病院内での感染症予防対策などを行っています。
企業に所属している保健師は「産業保健師」といいます。社員のメンタルヘルスをチェックしたり、定期健康診断などを行ったりするのが仕事です。
学校に勤務する保健師は「学校保健師」といい、生徒や職員に病気予防のアドバイスをしたり、緊急時の応急処置を行ったりします。

●助産師
助産師になるためには、保健師同様に看護師の国家資格が必須です。さらに助産師教育機関で学び、助産師の国家試験に合格する必要があります。
助産師の仕事は赤ちゃんを取り上げることだけではありません。出産はもちろん、産後の妊婦の体調管理や母乳指導、乳児指導など、妊娠から育児まで母子の健康管理・指導を行うのが仕事です。
助産師の大きな特徴としては、正常分娩であれば医師の指示を必要とせずに自らの判断で出産介助をできる点が挙げられます。
助産師は病院の産婦人科をはじめ、助産所や保健所、助産師外来、産後ケアセンターなどに勤めています。経験を積んで独立し、助産院を開業することも可能です。

看護師がスキルアップを目指せる資格

看護師にはさらなるスキルアップを目指せる資格があります。日本看護協会が運営している専門看護師、認定看護師、認定看護管理者の3つです。医療が高度化・専門化する中で、高い知識力と技術力を持つ看護師が求められています。

●資格取得には実務経験や認定審査の合格が必要
「専門看護師」「認定看護師」「認定看護管理者」の資格を取得するためには、認定審査に合格する必要があります。また、認定審査を受けるためには資格ごとに異なる条件をクリアすることが求められます。共通しているのは「日本国の看護師免許を保有していること」「免許取得後に5年以上の実務経験があること」で、専門看護師や認定看護師は5年のうち3年以上は専門分野での実務経験が必要です。その他にもそれぞれ細かな資格要件があります。

●専門看護師
専門看護師とは、全13分野のうち特定の専門看護分野において高い水準の看護を実践する知識と技術を深め、それを実践できると認められた看護師です。
13分野とは、
1)がん看護
2)精神看護
3)地域看護
4)老人看護
5)小児看護
6)母性看護
7)慢性疾患看護
8)急性・重症患者看護
9)感染症看護
10)家族支援
11)在宅看護
12)遺伝看護
13)災害看護
です。
専門看護師の役割は、自分の専門看護分野において「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」という6つの役割を果たすことです。

●認定看護師
認定看護師とは、全21分野のうち特定の看護分野において、高い水準の看護技術を実践できることが認められた看護師のことです。
21分野とは、
1)救急看護
2)皮膚・排泄ケア
3)集中ケア
4)緩和ケア
5)がん化学療法看護
6)がん性疼痛看護
7)訪問看護
8)感染管理
9)糖尿病看護
10)不妊症看護
11)新生児集中ケア
12)透析看護
13)手術看護
14)乳がん看護
15)摂食・嚥下障害看護
16)小児救急看護
17)認知症看護
18)脳卒中リハビリテーション看護
19)がん放射線療法看護
20)慢性呼吸器疾患看護
21)慢性心不全看護
です。
認定看護師は、「実践」「指導」「相談」の3つの役割が求められます。

●認定看護管理者
認定看護管理者とは、管理者として優れた能力を持つと認められた看護師のことです。患者さんや地域住民に良質な看護サービスを提供するため、組織を改革・発展させるのに必要な資格です。この資格取得者の多くは看護部長や副看護部長、看護師長などに相当する役職に就いています。

自分の目指す看護師像を考えよう

人々の生活を支える看護職には、看護師だけでなく准看護師、保健師、助産師という職業があります。勤務先も病院だけにとどまらず、介護施設や保育園、企業や公的機関など多岐にわたっています。
准看護師の人は看護師にステップアップし、看護師の人は保健師や助産師に転向することが可能です。看護師の人は、専門看護師や認定看護師、認定看護管理者の資格取得を目指してスキルアップするのも良いでしょう。
看護職に関する資格は簡単に取れるものではありませんし、仕事自体も楽とは言えません。しかし、多くの人の命を救い、健康をサポートするために必要な仕事です。今回ご紹介した記事を参考に、自分がこれから目指す看護師像を考えてみてはいかがでしょうか。

<求人検索はこちらから>
看護師の就・転職情報サイト「TACナースナビ」

https://nurse.tac-iryou.com/

最近チェックされている求人

マガジンカテゴリ一覧

週間アクセスランキング